ページの先頭へ

近江八幡市立健康ふれあい公園

グラウンド・ゴルフのルール

RULE

グラウンド・ゴルフのルール

第1章 エチケット

第1条
プレーヤーは、自分のプレーが終わったら、すみやかに次のプレーヤーの妨げにならない場所に行く。
第2条
プレーヤーは、同伴のプレーヤーが打つときには、話したり、ボールやホールポストの近くやうしろに立たない。また、自分たちの前を行く組が終了するまで、ボールを打たない。
第3条
プレーヤーは、自分の作った穴や足跡を直して行く。

第2章 ゲームに関するルール

第4条
【ゲーム】
ゲームは所定のボールをきめられた打順にしたがってスタートマットから打ち始め、ホールポスト内に静止した状態「トマリ」までの打数を数えるものである。
第5条
【用具】
クラブ、ボール、ホールポスト、スタートマットは定められたものを使用しなければならない。
第6条
【ゲーム中の打球練習】
プレーヤーは、ゲーム中いかなる打球練習も行ってはならない。本条の反則は1打付加する。
第7条
【援助】
プレーヤーは、打つとき足場を板などで作ったり、人に支えてもらったりするなど、物的・人的な援助やアドバイス、あるいは風雨からの防護を求めたり、受けたりしてプレーしてはならない。本条の反則は1打付加する。
第8条
【ボールはあるがままの状態でプレー】
プレーヤーは、打ったボールが長い草や木のしげみなどの中に入ったとき、ボールの所在と自己のボールであることを確かめる限度においてのみ、これらのものにふれることができる。草を刈ったり、木の枝を折ったりしてプレーしてはならない。本条の反則は1打付加する。
第9条
【ボールの打ち方】
プレーヤーは、ボールを打つときはクラブのヘッドで正しく打ち、押し出したりかき寄せたりしない。本条の反則は1打付加する。ただし、から振りの場合は打数に数えない。
第10条
【紛失ボールとアウトボール】
プレーヤーは、打ったボールが紛失したり、コース外に出たときは1打付加し、ホールポストに近寄らないで、プレー可能な箇所にボールを置き、次の打を行わなければならない。
第11条
【プレーの妨げになるボール】
プレーヤーは、プレーの妨げになるボールを、一時的に取り除くことを要求することができる。取り除くのは、ボールの持ち主であり、その際ホールポストに対して、ボールの後方にマークをして取り除かなければならない。
第12条
【他のプレーヤーのボールに当たったとき】
プレーヤーは、打ったボールが他のプレーヤーのボールに当たったときは、そのままボールの止まった位置からプレーを続ける。当てられたプレーヤーはもとの位置にボールをもどさなければならない。
第13条
【止まったボールが風によって動いたとき】
プレーヤーは、打ったボールが動いている間は、ボールを打ってはならない。風によってボールが動いたときは、静止した場所からプレーをし、動いてホールポストに入った場合はトマリとする。
第14条
【第1打がホールポストに入ったとき】
プレーヤーは、打ったボールが1打目でトマリになったとき(ホールインワン)は、合計打数から1回につき3打差し引いて計算する。
第15条
【ゲーム中の判定】
ゲーム中の判定はプレーヤー自身が行う。ただし、判定が困難な場合は同伴 プレーヤーの同意を求める。
第16条
【標準コース】
標準コースは、50m、30m、25m、15m 各2ホールの合計8ホールで構成する。

※図は、2コースある

施設紹介

  • サッカー場
  • 屋根付き多目的広場
  • グラウンド・ゴルフ場
  • 児童遊戯場、ジョギングコース
  • プール棟

スポーツ教室

スタッフ便り